葉酸はサプリで補える|妊婦さんに絶対必要な栄養素

妊娠前から適切な摂取

レディ

妊娠初期に葉酸を摂取することで胎児の神経管閉鎖障害のリスクが減ることが明らかになりました。厚生労働省では一日0.4ミリグラムの葉酸サプリの摂取を推奨しています。葉酸サプリには様々な種類がありますが安全なものを選びましょう。

もっと見る

妊娠しやすい体を作る

ナース

妊活には、食事のほかにバランス良く栄養成分が含まれた妊活専用のサプリメントを活用していくと良いでしょう。同時に、生活リズムも整えながら運動したりストレスをその都度発散させていくことも大事であると言えます。

もっと見る

妊婦に欠かせないビタミン

錠剤を持つ人

必要量は平常時の2倍

妊娠中の女性はお腹の中の赤ちゃんを健康に育てるため、栄養バランスには特に気をつける必要があります。中でも葉酸は、妊娠初期において非常に大切な栄養素です。葉酸はビタミンの一種で、アスパラガスやブロッコリーなどの緑黄色野菜、レバー、納豆などに多く含まれます。貧血を予防したり、細胞の成長を促したりする働きを持っています。成人女性の場合、1日に必要な葉酸の量は200?だと言われています。これは日本人がごく標準的な食生活を送っていれば十分クリアできる数字です。しかし、妊娠中の女性にあってはこの2倍の400?の摂取が推奨されています。そのため、最近では手軽に補給できるとして葉酸サプリメントが人気を呼んでいます。

妊活の一環として補給を

赤ちゃんは母親の胎内において1個の受精卵から細胞分裂を繰り返し、徐々にヒトの形になりますが、その過程で神経管と呼ばれる組織が形成されます。神経管は後に脳や脊髄になる重要な器官ですが、妊婦の身体に葉酸が不足すると、この神経管に障害が出るおそれが高まるという報告がなされています。そのため妊娠中、特に妊娠12週目あたりまでは、サプリメントを積極的に利用するなどして葉酸が欠乏しないよう注意する必要があります。ただ、一般的には妊娠12週目といえばようやく妊娠の事実に気づくあたりです。それを考えると、サプリの利用等は妊娠以前から始めた方が良いということになります。つまり、葉酸サプリの摂取はいわゆる「妊活」の1つとして重要視すべきなのです。

出生のリスクに備える

女性

葉酸は体内で赤血球を作る働きがある。妊娠中は一般成人よりも多く摂取する必要があるが、葉酸は吸収しにくいという欠点がある。そこで必要なのが葉酸サプリである。適切に摂取し、適切に保管し、赤ちゃん出生時のリスクに備えるということが求められている。

もっと見る